経理人材の雇用形態を決める

– 経理部長の部下採用マニュアル

正社員、契約社員、紹介予定派遣・・・

人材の採用形態は一般に、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトに分けられます。
従来からのこれらの形態に加え、最近は紹介予定派遣による募集を行う企業もあります。

紹介予定派遣は、派遣社員として採用、派遣期間終了時に正社員としての採否を決めることができる職業安定法でも認められている制度です。もちろん、企業が正社員として雇用したいと申し出ても派遣社員側から辞退されることもあります。

紹介予定派遣でも目的の人材を採用できるか

紹介予定派遣は能力や働きを見てから正社員としての採用を決められるので一見、とても良い雇用形態に見えます。

しかし将来の管理職や幹部候補になり得るような経理人材を探している場合、紹介予定派遣の採用活動を熱心に行っても、期待してるような経理人材が一向に応募してこないということが少なくありません。

貴社が今、探そうとしている経理人材の採用方法が紹介予定派遣に向いているかどうかを確認する簡単な方法があります。
例えば経理スタッフを募集する場合、

「自分が経理スタッフだったとき、果たしてこの会社に派遣社員(紹介予定)として入社しただろうか」と自問してみます。

Yesであればあなたが期待しているような経理人材を紹介予定派遣でも採用することができるでしょう。

Noの場合は、紹介予定派遣では目的の人材を採用することは難しいでしょう。あなたがイメージしている経理人材は、正社員の転職先しか選ばないということです。

もちろん、全てが当てはまるわけではありませんが、募集する経理人材の雇用形態を決める上で一つの参考になる考え方です。

紹介予定派遣に応募する方々の傾向

一般に現在、派遣社員で働いている経理の方が正社員への道として、紹介予定派遣の制度を利用することが多いようです。一方、これまで正社員として経理業務を行ってきた経理の方は、やはり正社員での転職を希望します。
正社員で経理職を務めてきた方を採用したい場合は、紹介予定派遣での採用は難しいでしょう。
現在 派遣社員 → 紹介予定派遣を利用して正社員へ
現在 正社員   → 正社員での転職を希望

>> 次は選考プロセスについてです。
経理人材採用マニュアル目次に戻る